資格認定方針について

日本スピリチュアルケア学会資格認定方針

2012年4月22日理事会承認
2014年5月27日理事会改定

1.資格認定の目的

次の二つの能力を共に有する者を学会が資格認定し、学会会則2条の目的達成を目指す。

 

  1. 医療・福祉・教育・産業を始めとする諸分野で、他職種との連携(ケアチーム)の中で、責任をもってスピリチュアルケア領域の専門性を担う能力
  2. 援助者が自らのスピリチュアリティの涵養を通して、「限界ある人間による人間へのケア」の力動と相互性を理解し、臨床的状況で必要とされる援助関係を構築する能力

参考 学会会則第2条(目的)

 本会は、すべての人びとがスピリチュアリティを有しているという認識に基づき、スピリチュアルケアの学術的・学際的研究およびその発表と実践とを通して、スピリチュアルケアを含む全人格的なケアが社会のあらゆる場面で実践されるよう推進することを目的とする。

2.資格認定の種類

学会認定の資格は、下記の3種類とする

  1. 日本スピリチュアルケア学会スピリチュアルケア師(指導)
  2. 日本スピリチュアルケア学会スピリチュアルケア師(専門)
  3. 日本スピリチュアルケア学会スピリチュアルケア師(認定)

3.資格認定の手順

資格認定は、以下の手順で実施する

  1. 理事会は、資格認定委員会の推薦に基づき、「指導」資格者を認定する。ただし、当面は暫定措置をとる。[付記1.参照]
  2. 理事会は、資格認定委員会の推薦に基づき、「指導」資格者が主催し、下記領域の教育課程を備えた人材養成プログラムを「認定プログラム」として認定する。
  3. 資格認定委員会は、「認定プログラム」が推薦する個人に対し、資格審査を実施する。ただし、当面は暫定措置をとる。[付記2.参照]
  4. 理事会は、資格認定委員会の推薦に基づき、資格審査に合格した者に対し資格認定を行う。

4.「指導」資格認定

当面は「付記1」の暫定措置をとる

5.人材養成教育領域

「専門」資格ならびに「認定」資格のための人材養成においては、次の二領域に関し、専門職大学院レベルの教育を行う。[付表1参照]

  1. 基礎領域
    (1) 思想・宗教・伝統・文化
    (2) 心理・力動・援助
    (3) 臨床専門職倫理
  2. 専門領域
    A (講義・演習)「スピリチュアリティ論」「スピリチュアルケア論」
    B (臨床的教育法)「グループワーク」「臨床スーパーヴィジョン」「臨床実習」
    C (メンターシップ)「スピリチュアリティの涵養」「継続教育」

6.人材養成教育の提供

「専門」資格ならびに「認定」資格のための人材養成においては、各領域の教育の提供担当を以下のようにする。教育内容並びに必要時間数については「付表1」を参照。

  1. 基礎領域
    (1) 思想・宗教・伝統・文化 「認定プログラム」が提供/単位履修/履修免除
    (2) 心理・力動・援助    「認定プログラム」が提供/単位履修/履修免除
    (3) 臨床専門職倫理     学会が提供
  2. 専門領域
    A (講義・演習)      「認定プログラム」が提供
    B (臨床的教育法)     「認定プログラム」が提供
    C (メンターシップ)    「指導」資格者が提供

7.認定プログラム

「認定プログラム」は次の要件を全て満たしていなければならない。

  1. 3名以上の「指導」資格者が所属している。ただし、当面、「指導」資格者が複数のプログラムに所属することを認める。
  2. 専門領域A、専門領域Bの一方または両方の教育課程を継続的に提供している。
  3. 専門領域Cの教育課程を継続して提供している。
  4. 専門資格審査申請者を養成する教育課程が、他の人材養成プログラムとの科目共有も含め、専門領域ABCを網羅した体系として整備されている。
  5. 専門領域Bの教育課程を提供している場合は、教育課程参加者の学習について評価がなされ、参加者本人にフィードバックされている。

8.資格審査検討中

資格認定は、次の内容について行う。ただし暫定資格該当者は除く。

  1. 書類審査
    A 事例報告
    B スピリチュアリティ形成歴
    C 履歴書
    D 資格審査申請書
    E 認定人材養成プログラムからの推薦書
  2. 面接審査
    A 申請者同士のグループワーク[「専門」資格のみ]
    B 個人面接

9.資格更新

  1. 資格認定は、5年ごとに更新する。
  2. 資格更新に関する規程は別に定める。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

付記1:暫定「指導」資格の認定

  • 2012年度から2018年度までの資格認定においては、「認定プログラム」が提供する専門領域Bもしくは専門領域Cに相当する教育課程において2年間以上指導者であった者に、2023年度総会までの期間、本学会暫定「指導」資格を認定する。
  • 2018年度総会までの期間、「認定プログラム」の規定に従って指導者となった者に、2023年度総会までの期間、本学会の暫定「指導」資格を認定する。
  • 本学会の「指導」資格規程を、2018年総会までに整備する。

付記2:暫定「専門」資格および暫定「認定」資格の認定

  • 2013年度から2015年度までの資格認定においては、「認定プログラム」が学会認定を受ける以前に提供を開始した教育課程において本学会の認定する「専門」資格ないし「認定」資格に相当する資格を授与された者に、本学会の暫定「専門」資格ないしは暫定「認定」資格を認定する。
  • 暫定「専門」資格ないしは暫定「認定」資格を得た者は、暫定認定後5年目に実施される資格更新審査を受け、合格し暫定措置でない資格に更新されなければ、その資格を失う。
  • 暫定資格付与に関する手続は、別に定める。

付表1.教育領域

基礎領域 「認定」資格 「専門」資格
1.思想・宗教・伝統・文化 日本を中心としつつ、広く人類の思想・宗教・伝統・文化に関する基礎的な知識を持つと同時に、その中におけるケア提供者自身を基盤づけているスピリチュアリティの位置づけと特徴についての深い理解に繋がる教育。特に、ケアの基礎となる、共同体と個人との関係について、その変遷や潜在的可能性への洞察力を養う教育。 36時間
2.心理・力動・援助 個人の成長に関わる個人因子と環境因子への理解、対人関係における社会学的心理学的メカニズムの理解、援助関係における「権力」構造の理解のための教育。社会構築、言語と解釈、非指示的療法、傾聴、パターナリズム、自立・自律、投影、転移・逆転移等の基本概念の教育。 36時間
3.臨床専門職倫理    
専門領域A 「認定」資格 「専門」資格
1.スピリチュアリティ論 思想・宗教・伝統・文化の歴史性・多様性に基づく、スピリチュアリティの体系的教育 24時間
2.スピリチュアルケア論 援助者・対象者間のスピリチュアリティの力動に基づく、ケアの体系的教育 24時間
専門領域B 「認定」資格 「専門」資格
1.グループワーク 心理およびスピリチュアリティの次元でおこる、自己および他者の内的力動と対人的力動を体験的に理解し、効果的にケアを提供できる能力を養う教育 60時間 120時間
2.臨床スーパーヴィジョン スピリチュアルニーズを理解しケアする臨床力を、個人スーパービジョンョンならびにグループスーパービジョンをとおして育成する教育
3.臨床実習 スピリチュアルケアが求められる医療・福祉・教育・産業その他の、臨床現場におけるチームケアに参加する。 120時間 240時間
専門領域C 「認定」資格 「専門」資格
1.スピリチュリティの涵養 援助者各自のスピリチュアリティを育成する教育 年2回1年
計6時間
年2回2年
計12時間
2.継続教育 臨床活動を行う援助者を継続的にサポートし専門性を維持するための教育 年2回1年
計6時間
年2回2年
計12時間