理事長挨拶

法人化がスタートして

会員の皆様

日本スピリチュアルケア学会は、日野原重明先生と高木慶子先生のご尽力と協力者によって、2007年に創設されました。人間の精神性を高め、人間の尊厳と品格に気付き、尊び学びあう機会を多くの人々と共有したいとの思いが強くありました。

私自身は、精神科医、ホスピス医として、体の痛み、心の痛み、社会的な痛み、たましいの痛みをもつ多くの患者さんに接してきて、患者さんを「トータルに」「全人的に」視ることの大切さを学びました。特に、ホスピスという場で2500名の患者さんを看取った経験から感じたことは、多くの患者さんが「たましいの痛み」を持たれるということです。ある中年の女性患者は「こんなに苦しいのはバチがあたったのでしょうか」と言われました。バチというのは、たましいにあたると思いました。スピリチュアルケアが必要と思いました。ホスピスチームの一員であるチャプレンに助力をお願いしました。チャプレンの傾聴と牧会的ケアで、患者は次第に落ち着き、洗礼を受けました。2週間後に静かに旅立ちました。

ホスピスでは様々なスピリチュアルペインに遭遇します。答えがない質問、あるいは答えられない質問がスピリチュアルペインを持っておられる人達の質問の共通的特徴です。徹底的な傾聴が唯一こちらにできることである場合もあります。

日本スピリチュアルケア学会にとって、2020年は特別な年になりました。任意団体であった学会が2020年3月27日、一般社団法人日本スピリチュアルケア学会として、認められたのです。会員の選挙によって代議員が決まり、代議員の選挙により理事が、理事の選挙により理事長その他の役職者が決まりました。学会の法人化はスタートして13年目におとずれた大きな変化だと思います。会員お一人お一人のたゆまざる努力の結果と感謝いたしております。

法人化されたということは、それだけ、社会に対する責任が重くなったということです。学会の働きの方向性として、これまで以上に、「社会のために」という視点を重視していくことが大切であると思います。具体的には、これまで以上にスピリチュアルケア師の養成に力を注ぐ必要があると思います。

「COVID-19」の勢いが収まらない日本において、多様性と独自性がある日本らしいスピリチュアルケアの発展を目指して、みんなで努力をしていきたいと願っています。

 

(一社)日本スピリチュアルケア学会
理事長 柏木 哲夫

 

新型コロナウイルス感染のお見舞い

会員の皆様  

新型コロナウイルス感染の不安の中、皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと願い、ご自愛いただきますようにと祈願いたしております。

こころからのお見舞いを申し上げます。

現在、全世界中が新型コロナウイルス感染状況下、不安と恐怖を抱え、多くの人々は苛立ちさえ感じながらも為すすべを知らない時代でございます。その状態こそが世界中の人々が「スピリチュアルペインを抱えた状況」であり、本来ならばこのような時こそ、本学会が目指しております「スピリチュアルケア」を実践する機会であります。しかし、このような事態でありながらも人と人との間の距離を狭くすることが許されない、実に人との関係性を遠くすることを強いられる時代にありますことは、今まで経験したことのない悲惨な環境にあると思います。

しかしながら、このような状況にあっても、本学会会員の中には医療従事者や福祉、葬儀業界関係者の方々もおられます。その方々の現場では命を張ってのご苦労に、会員一同こころから感謝したいと願っております。それらの業界に従事されておられます方々を私どもは誇りに思い、ご一緒にエールを送りたいと願っております。

現場の一線で、毎日激しい業務に携わっておられます会員の皆様、また、家庭や職場の事情で、これまでの仕事を失い経済的にも困難の状態にある方々、それに感染の疑いを感じておられる方々、それらの皆様方の為に、こころを合わせてお祈りをお捧げいたしておりますことを、そしてまた、現場に赴くことの出来ない私どもに代わり、現場でのご苦労に耐えておられます方々、ご自愛いただきながらお勤めいただきますようにと、こころからのお祈りをもって応援し感謝を送っている仲間がおりますことを、お忘れにならないでいただきますようにと願っております。

今年は100年に一度あるか無いかの災害の年となりましたが、すでにご存じと思いますが、20世紀最悪のパンデミックはスペイン風邪(A型インフルエンザ)で、1918年から1921年までの3回にわたる流行で、全世界での患者数は世界人口の約25~30%とも言われ、死者数は2千万~4千万、あるいは5千万人とも言われています。内務省統計によりますと日本での患者数は当時の日本の人口が約5700万人だった時代に、患者数は約2380万人、死者は約48万人になったと言われています。

丁度それから100年に当たる今年、21世紀のパンデミックである新型コロナウイルスの感染者の数は、4月27日現在で世界では、患者数は約289万9830人で、死者数が約20万3044人となり、日本の患者数は1万3439人(クルーズ船や帰国者を含む)、死者数は372人となっていますが、今後はどのような状況となっていくのかが懸念されるところです。

この度の新型コロナウイルス感染拡大の状況から私どもは何を問われ、何のための警告であるかを心身の静かな耳で聴き取りたいと願っております。これまでも有史以来、幾度かの悲惨な疫病と大災害に見舞われましたが、人類の知恵と科学的な進歩により乗り越えて参りました。この度の感染終息のためには時間はかかるとしても、きっと笑顔で迎えられる明日が来ると信じております。

しかし、その終息後にこそ、本学会の出番があるのではないでしょうか。人々は感染拡大の最中では気付いていなかった失ったものの大きさに思いつき、深く重い喪失感に苦しみ始めるのではないかと思います。それが「悲嘆の状態」であり、その悲嘆にある方々へのケアこそが「スピリチュアルケア」であると考えております。その時にこそ、私どもは立ち上がることを、今から準備していたいと願っております。

また、人類にとって最悪の災害は戦争であることにも気付きたいと思っております。これまでの世界規模の戦争での死者の数は、今のコロナウイルス感染拡大に対して、世界中が大騒ぎをしておりますが、この度の死者の数に比べて、戦争による死者の数は桁外れの数であったことに留意したいと考えております。戦争は二度と繰り返してはならないことの警告かとも考えております。

2020年4月27日

設立時代表理事 高木慶子

 

参考:旧学会 理事長挨拶