代表理事挨拶

新型コロナウイルス感染のお見舞いと
一般社団法人日本スピリチュアルケア学会
法人化完了のお知らせ

会員の皆様  

新型コロナウイルス感染の不安の中、皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと願い、ご自愛いただきますようにと祈願いたしております。

こころからのお見舞いを申し上げます。

現在、全世界中が新型コロナウイルス感染状況下、不安と恐怖を抱え、多くの人々は苛立ちさえ感じながらも為すすべを知らない時代でございます。その状態こそが世界中の人々が「スピリチュアルペインを抱えた状況」であり、本来ならばこのような時こそ、本学会が目指しております「スピリチュアルケア」を実践する機会であります。しかし、このような事態でありながらも人と人との間の距離を狭くすることが許されない、実に人との関係性を遠くすることを強いられる時代にありますことは、今まで経験したことのない悲惨な環境にあると思います。

しかしながら、このような状況にあっても、本学会会員の中には医療従事者や福祉、葬儀業界関係者の方々もおられます。その方々の現場では命を張ってのご苦労に、会員一同こころから感謝したいと願っております。それらの業界に従事されておられます方々を私どもは誇りに思い、ご一緒にエールを送りたいと願っております。

現場の一線で、毎日激しい業務に携わっておられます会員の皆様、また、家庭や職場の事情で、これまでの仕事を失い経済的にも困難の状態にある方々、それに感染の疑いを感じておられる方々、それらの皆様方の為に、こころを合わせてお祈りをお捧げいたしておりますことを、そしてまた、現場に赴くことの出来ない私どもに代わり、現場でのご苦労に耐えておられます方々、ご自愛いただきながらお勤めいただきますようにと、こころからのお祈りをもって応援し感謝を送っている仲間がおりますことを、お忘れにならないでいただきますようにと願っております。

今年は100年に一度あるか無いかの災害の年となりましたが、すでにご存じと思いますが、20世紀最悪のパンデミックはスペイン風邪(A型インフルエンザ)で、1918年から1921年までの3回にわたる流行で、全世界での患者数は世界人口の約25~30%とも言われ、死者数は2千万~4千万、あるいは5千万人とも言われています。内務省統計によりますと日本での患者数は当時の日本の人口が約5700万人だった時代に、患者数は約2380万人、死者は約48万人になったと言われています。

丁度それから100年に当たる今年、21世紀のパンデミックである新型コロナウイルスの感染者の数は、4月27日現在で世界では、患者数は約289万9830人で、死者数が約20万3044人となり、日本の患者数は1万3439人(クルーズ船や帰国者を含む)、死者数は372人となっていますが、今後はどのような状況となっていくのかが懸念されるところです。

この度の新型コロナウイルス感染拡大の状況から私どもは何を問われ、何のための警告であるかを心身の静かな耳で聴き取りたいと願っております。これまでも有史以来、幾度かの悲惨な疫病と大災害に見舞われましたが、人類の知恵と科学的な進歩により乗り越えて参りました。この度の感染終息のためには時間はかかるとしても、きっと笑顔で迎えられる明日が来ると信じております。

しかし、その終息後にこそ、本学会の出番があるのではないでしょうか。人々は感染拡大の最中では気付いていなかった失ったものの大きさに思いつき、深く重い喪失感に苦しみ始めるのではないかと思います。それが「悲嘆の状態」であり、その悲嘆にある方々へのケアこそが「スピリチュアルケア」であると考えております。その時にこそ、私どもは立ち上がることを、今から準備していたいと願っております。

また、人類にとって最悪の災害は戦争であることにも気付きたいと思っております。これまでの世界規模の戦争での死者の数は、今のコロナウイルス感染拡大に対して、世界中が大騒ぎをしておりますが、この度の死者の数に比べて、戦争による死者の数は桁外れの数であったことに留意したいと考えております。戦争は二度と繰り返してはならないことの警告かとも考えております。

 
                        * * * ご報告 * * *

ところで、本年度は本学会に取り大事な変化の年となりました。

昨年度までは、本学会は任意団体としての「日本スピリチュアルケア学会」でしたが、この4月より「一般社団法人日本スピリチュアルケア学会」英語表記「The Japan Society for Spiritual Care」となりましたことを、会員の皆様にご報告させていただきますことを、大変に光栄に思っております。創設より13年になりますが、会員の皆様のお蔭で、法人として認めていただく程に成長いたしました。

今、日野原重明先生は天国から、喜びのお声をおかけくださっていると信じております。

この法人化により、本学会は社会に認められた存在となりました。それだけに責任と社会全体に対しての貢献も要求されます。私どもだけの存在ではなく、社会が必要としている事柄に対して、応える義務を負うことにもなります。これまで以上に本学会が果たす活動の範囲は広げられ、また、その責任の重さも生じて参ります。

これらの事柄を意識して法人化への道を選びましたので、会員の皆様とこころを一つにしてより良い学会として社会に貢献出来る活動をして参りたいと念願いたしております。

また、法人化に当たり、皆様にお願いがあります。これまでとは違う活動を始める必要があります。先日、会員の皆様にご協力いただきましたアンケート調査で、多くの示唆を頂戴いたしました。それらを実践して参りたいと願っておりますが、そのためには具体的に会員の皆様方の協力が必要です。どうぞ、積極的な活動となりますように、ご協力をお願いいたしております。

それらの活動は本学会の目的にかなったものとなると考えております。そのために再度目的を確認しておきましょう。「すべての人びとがスピリチュアリティを有しているという認識に基づき、スピリチュアルケアの学術的・学際的研究及びその発表と実践とを通して、本法人の会員の資質と実践の向上を図るとともに、スピリチュアルケアを含む全人格的なケアが社会のあらゆる場面で実践されるよう推進することを目的とする」と、定款第三条に記しておりますが、この目的を推進するために、全会員を動員して目的に達したいと願っております。

私は本学会の会員の皆様に思い出していただきたい言葉があります。ジョン=F=ケネディの名言「アメリカの皆さん、貴方の国が貴方の為に何をしてくれるのかを問うことなく、貴方がこの国の為に何ができるのかを問うてください・・」との言葉通りに、本学会を通して社会に何ができるのかを、ご一緒に考えたいと願っております。

本学会の前には道はありません。私たちがスピリチュアルケアの道を造らなければならないのです。そのフロンティア精神を持って、日本だけでなく全人類の精神的な平安と向上の為に、本学会が掲げている目的を達成して参りたいと願っております。

この法人化を機に、学会の組織にも変化があります。詳細につきましては事務局の方から説明がありますが、最も大事な変化は役員が選挙で選ばれることです。この点につき早速にも動きがありますので、どうぞ、皆様方のご協力をお願いいたします。

長くなりましたが、会員の皆様方におかれましては、新型コロナウイルス感染の只中にあるこの時期、くれぐれもご自愛いただきますようにと念願いたしております。

会員の皆様方の為に毎日、お祈りをお捧げいたしております。

2020年4月27日

設立時代表理事 高木慶子

 

参考:旧学会 理事長挨拶